ムチ打ち症の分類など、交通事故被害者になってしまったら、泣き寝入りせず解決を目指しましょう
交通事故後遺障害14級で850万円損しない請求法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムチ打ち症の分類

自動車事故の被害者となり、ムチ打ち症になったら・・・

本当に大変です。



また、ムチ打ち症にも、その度合いによって分類があります。

ムチ打ち症で泣き寝入りしない
ムチ打ち症の分類としては、

・頚椎捻挫型
頸椎の骨と骨の間にある関節包や、骨の周囲のじん帯などが損傷されたものです。
例えば、足首をねんざした時に内出血が起こったりすることがありますが、
それが首のまわりで起こっているような状態です。

考えるだけでも痛そうですが・・・

・バレー・リュー症候群型
後頚部交感神経の刺激症状で、内耳の症状や目の症状、心臓の症状、咽喉頭部の症状などを呈することになりますが、
他覚的な所見が乏しくて自覚的愁訴が主となります。

第三者的にわかりにくいので、本人は痛いのにそれが理解されないわけですよね・・・

・神経根症状型
神経根の周りに腫れが起こったり損傷が起こると、神経がそれぞれコントロールしている部位に症状が出ます。
他覚的所見が認められます。

第三者にわかるのですが、実際それだけ痛みを伴っているわけですよね・・・

・低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)
脳脊髄液 が減少することで、慢性的な頭痛やめまい、視力障害、記憶力低下などが起こります。
ところが低髄液圧症候群は、実はまだよくわかっていないのです。
それだけに低髄液圧症候群になると大変です。

症状が、分類の中で一番重いです。
それなのによくわかっていないのです。

そもそも、診てもらえる病院自体が、本当に少ないのです。
どこでも診てもらえるわけではありません。

それだけ、大変なことなのです。

ムチ打ち症で泣き寝入りしない

スポンサードリンク

交通事故損害賠償請求マニュアル
Copyright © 交通事故被害者になってしまったら・・・ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。